ギャラリーイッカゲツ

amonth_logo_ig

東京、二子玉川。1973年築のビルの1階にひと夏の間、オープンしたギャラリーイッカゲツ。「あいまいな時間」を主題とするアーティスト・吉増麻里子の展示を軸として、KOZOBUTU RECORDSとchamberによる多面的なキュレーションイベントを不定期開催。

吉増 麻里子  MARIKO YOSHIMASU

 1981年生まれ。東京都出身。時間の経過にフォーカスし、記憶と忘却、出来事の重なり合い、物事のうつろいやすさをテーマに、主に絵画作品を制作。ゆらぎのある風景の中で横たわる匿名性のある人物群をモチーフに、物事のあいまいさや不確定さを追求している。シュールな構図と大胆な筆のタッチも特徴。2019年9月下旬には、ロンドンでのグループ展も予定されている。  

KOZOBUTU RECORDS

  [ BGM ]   Velladon  

Velladon  ヴェラドン

ボーカル、ピアノ、コンピューター、ユーロラックモジュラーシンセ、数々のガジェットマシン、ギター、ストリングスなど様々な楽器を利用して、音楽を構築していく。2008年、親友である詩人、三角みづ紀(中原中也賞、萩原朔太郎賞、歴程新鋭賞ほか)とのコラボレーション作品が 、美輪明宏、横尾忠則らとともに、青森県立美術館の寺山修司劇場美術館に展示され、賞賛を受ける。現在、Venetian Snares x Speedranch “Making Orange Things” の公式リミックスアルバム、映画監督の Alejandro Jodorowsky アレハンドロ・ホドロフスキーの公式アプリ”Jodohaikus”に全曲書き下ろしの音楽を制作中。Velladonのロゴは、ミュージシャン・画家・俳優・映画監督のVincent Gallo (ヴィンセント・ギャロ)、アーティスト画は新気鋭の漫画家・イラストレーターのCirpue du soleike(それゆけちゃん)が手がけている。ソロのほか、ケンゴマツモト(The Novembers / SAD ORCHESTRA)との音楽ユニット “When”、ニューヨークアヴァンギャルドシーンの最重要人物・Chuck Bettis氏との”Lullaby of Obliteration(消滅のララバイ)”でも活動。映画、商業、舞台、ファッションショー、歌手への楽曲提供等も含め、彼がこれまでに作曲した曲はこれまでのところ、5000曲を超えている。

 展示期間中のBGMは、Velladon提供のサウンドアート作品。吉増麻里子の絵画のタイトルと対応した全4曲の書き下ろし楽曲「Half -remembered memory  (20分)」「Garden(2時間39分)」「Flow(54分)」「Float(19分)」。これらの楽曲が会場内に設置された複数台のスピーカーから同時に再生され、それぞれ異なるタイミングでリピートされる。(どのような重なり方をしても音楽として成立するように作曲されている)
 様々なマテリアルが折り重なること、また時間の経過によって、感受する者の認識がうつろい、変容していく様子を描いている。

MAP

東京都世田谷区玉川3-19-3 宝恵ビル1階
東急田園都市線 二子玉川駅 西口より徒歩5分ほど(タカシマヤの隣)

SCHEDULE

※会期中、予告なくスケジュールが変更になる場合があります。最新情報はTwitterをご覧ください

ギャラリーは観覧無料です

closeの日もアポイントがあれば開けますので、お気軽に info@chmbr.jp までご連絡ください

8/23 FRI
作家在廊日

16:00 – 21:00
gallery open

24 SAT

16:00 – 19:00
gallery open

25 SUN
作家在廊日

13:00 – 19:00
gallery open

26 MON

16:00 – 20:00
gallery open

27 TUE

17:00 – 20:00
gallery open

28 WED

close

29 THU

close

30 FRI
作家在廊日 (19:00- )

18:00 – 21:00
gallery open

31 SAT
作家在廊日 ( -18:00 )

13:00 – 18:00
gallery open

9/1 SUN
作家在廊日(-18:00)

14:00 – 19:00
gallery open

2 MON

16:00 – 18:00
gallery open

[LIVE] 
Tanden (Spiritual jazz unit from De Lorians) / Ahuramazda (Spiritual acoustic unit from amalakamala)

20:00 open /
20:30 start

Tanden
Takefumi Ishida (Sax) & Hyozo Shiratori (Key) from De Lorians
江戸川区平井を拠点にスピリチュアルジャズやダブ、ミニマルやドローン、アシッドフォークなどについての研究、発表を行う不定形組織。

amalakamala
曇ヶ原のヴァイオラ伊藤、うしろ前さかさ族の渡辺周を中心として2014年に結成。プログレッシブロックやダブ、サイケデリックロックなどを昇華した幻想的な歌もの音楽隊。年内ミニアルバムリリース予定。

 

3 TUE

[LIVE] 
出演者の都合により公演中止
ケンゴマツモト × 猛者(君島結)

 

20:00 open /
20:30 start

4 WED

close

5 THU

close

6 FRI

[LIVE] 
Kahjooe

20:00 open /
20:30 start

7 SAT
作家在廊日

[ LIVE ] 
原田茶飯事

14:00 open /
14:30 start

原田茶飯事 Harada Sahanji

5月2日大阪出身、2009年から東京在住。
芸名に水が絡むと運気があがるとのことで原田茶飯事と名乗っている。
昭和の歌謡曲のような懐かしさの中に
ソフトロックやジャズ、ブラジリアンミュージックの洒落っ気、茶目っ気を感じさせながらも口から半分魂の出たようなステージングは必見。
クラシックギターを持って全国を節操無く渡り歩く自宅録音が大好きな全方位型シンガーソングライター。

16:00 – 20:00
gallery open

8 SUN

[ LIVE ] 
山内弘太 / 
? meytél

12:00 open /
12:30 start

 

山内弘太
1986年生まれ、京都市在住、ギタリスト。
即興演奏、映像、ダンスとの共演など国内外問わずあらゆる場で活動する。
ソロの演奏ではギターから出るあらゆる音をその場で積み重ね配置して音像を作り上げる。
2017年、銭湯で録音したソロギターの音源 “In the Sento” をhoge tapesよりカセットリリース。 2019年、デンマークの音楽家Anders Bachとの即興演奏のライブ音源 “Totem” をWetwearより配信 / カセットリリース。

 

—–

?meytél

?メーテル は、ピアノと映像と絵と透明を使う、魔女です。

 

9 MON
作家在廊日 ( 19:00- )

16:00 – 21:00
gallery open

10 TUE

close

11 WED

close

12 THU

[ LIVE ] 
Wakana Ikeda likes Fresh lettuce.

20:00 open /
20:30 start

 

池田若菜 フルート奏者。Suidobashi Chamber Ensemble、THE RATELを主宰。そのほか ザ・なつやすみバンドのサポートをはじめ、様々なアーティストのレコーディングやライブに参加する。現代音楽、即興、ロック、ポップスをメインに活動。 今回のライブでは、2017年スイスで作曲/演奏した作品を中心モチーフにした新ソロプロジェクト「Wakana Ikeda likes Fresh lettuce.」としてゲストミュージシャンを招いて演奏する。

演奏 池田若菜 /  ?meytél

13 FRI 作家在廊日 [ LIVE ]  sold out Velladon

20:00 open /
20:30 start

sold out

Velladon

Mariko Yoshimasuがモチーフとした、記憶と忘却、出来事の重なり合い、物事のうつろいやすさを主題に、絵画世界に没入した即興演奏をおこなう第1部、未発表曲の新曲を、展示されている状態、照明の明滅、ビルの風合い等をVelladonが読み取り、サンプリングして再構築する第2部、という2部構成。

先行物販あり。

14 SAT
作家在廊日

[ LIVE ] 
古川麦

14:00 open / 
14:30 start

古川麦 Baku Furukawa
1984年8月27日カリフォルニア生まれ。日本、オーストラリアで育つ。
シンガー、ギタリスト、作曲家として活躍する他、cero、表現(Hyogen)、Doppelzimmer、Pentágono
Quieto、あだち麗三郎と美味しい水など多くのグループに参加。日本国内にとどまらず、台湾など、海外でのライブも多い。
どのジャンルの枠にも収まらない唯一無二の凝った楽曲センス、確かな演奏技術、温かみのある歌声で、多くの人を魅了している。
2014年10月1stアルバム”far/close”、2016年9月に7inch”Seven
Colors”をカクバリズムよりリリース。2018年3月2ndアルバム『シースケープ』をP-VINEよりリリース。
東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科卒。

[ LIVE ] 夜 sold out Klan Aileen

open 17:15 /
start 17:45

15 SUN
作家在廊日

13:00 – 15:30
gallery open

[ LIVE ] 
When

18:00 open /
18:30 start

When
「あいまいな時間」を主題とするMariko Yoshimasuの絵画世界の光陰を、VelladonとKengo Matsumotoの2本のギター、そしてYui Kimijimaが持ち込むサブウーファー等の機材によって、曖昧な音世界を繊細に描き出す、特別なセットとなる。

16 MON

15:00 – 19:00

gallery open

17 TUE

 close

アポイント制

18 WED 

 close

19 THU 

 close

アポイント制

20 FRI

 close

アポイント制

21 SAT
作家在廊日

14:00-18:00
gallery  open

22 SUN
作家在廊日

14:00-18:00

gallery open

23 MON
作家在廊日

14:00-18:00

gallery open

“by chamber 02” Sauce81 / Yoav Saar(Garden City Movement)

東京・ニューヨーク・テルアヴィヴが、 音楽とアート、そしてフムスで繋がるPARTY NIGHT!!!

intimateな空間でのライブを楽しみながら、イスラエルワインと、ニューヨークでも大人気な中東料理・フムスに舌鼓をうち、そしてアートに触れる。世界が視覚と味覚と聴覚で融合する。今、東京でいちばん新しい空間へ。

[LIVE]
▶︎sauce81 (N’gahoTa’quia/77KaratGold)
鬼才ヒップホップアーティストShing02と共に制作したアルバム『S8102』(3月20日にはCD発売)の評判も絶好調、世界的に活躍中の天才トラックメイカー、Sauce81!
歌やシンセのループをリアルタイムで組み上げて行くファンキーでソウルフルなライヴは必見。

▶︎???
豪華すぎるシークレットゲスト。このタイミングでさすがにこの人たちは呼ばないでしょ……そのまさかです。

[DJs]
▶︎Yoav Saar(Garden City Movement)
イスラエルはテルアヴィヴを拠点に活動中のエレクトロ・ポップトリオGarden City Movement(ガーデン・シティ・ムーヴメント)のために来日中の、Garden City MovementでGuitars, Sampler, KeyboardsをつとめるYoav Saarが、特別にDJ setで出演!

▶︎PIECE(sheeps)
過去28回にわたり、”TOKYO HOUSE MUSIC AND DISCO PARTY”のコンセプトのもと開催してきたsheepのレジデントDJ PIECEの出演も急遽追加された。DEEP HOUSE 、Garage、DISCOを得意とする、彼の幅広い音楽体験から紡がれるGROOVEは、クラブラバーからビギナーまで評価が高い。

[Exhibition]
▶︎Maiko Kikuchi
現代アート界で注目のstickymongerとのコラボレーション展も大盛況、今ブルックリンで大人気のコラージュ / パペットアーティスト、Maiko Kikuchiの展示も会場内で同時開催。本企画・制作”chamber”のロゴタイプを手がけた彼女の、日本での展示はじつに5年ぶり。

[FOOD]
▶︎イスラエルの味覚
ワインは、イスラエル航空ファーストクラスで起用されている希少なものを。そして中東といえばニューヨークでも大人気の料理、フムス!今回はCITAN Diningシェフによるスペシャルな絶品フムスをご用意してお待ちしています。

東京、ニューヨーク、そしてテルアヴィヴ。
さまざまな都市の融合が起こる春の夜。
チケットはお早めに!

This is the before night of Garden City Movement Japan First Tour (4.8 Shibuya WWW / 4.9 Osaka CONPASS). This event has SECRET GUEST! They from across the globe. Tokyo, Tel Aviv and NYC and…? I hope you have a wonderful cherry blossom night!

 

“by chamber 02”

日程:2019/4/7(SUN)
会場:東日本橋CITAN
時間:open 18:00 / start 19:00
料金:adv. ¥2,800 / door ¥3,300

出演:
[LIVE]
Sauce81
+ Special Guest !!!!!

[DJ]
Yoav Saar (Garden City Movement)
UENO (Charterhouse Records/sheeps)

展示:
Maiko Kikuchi (from NYC)

音響:
澁谷文太郎・馬場友美

▶︎▶︎▶︎ Garden City Movement Japan &Taiwan Tour 詳細ページはこちら

 

後援 : イスラエル大使館

協力 : beatink / PLANCHA / 月見ル君思フ

主催・企画制作 : chamber
 

Sauce81

生々しいグルーヴとラフで温かみのあるシンセ使い、雑味たっぷりの楽器演奏とソウルフルなボーカルワークで、ディープなファンクネスをマシンに宿すプロダクションスタイルを探求。sauce81としてUKのEglo Records始め、国内外のレーベルからリリースを重ね、N’gahoTa’quia名義でアルバム『In The Pocket』、grooveman Spotとのユニット77 Karat Goldとしてアルバム『WANNAFUNKWITU』、2018年末には、SAUCE81 & SHING02として宇宙の旅を彩るSFサウンドトラック『S8102』を発表。2008年バルセロナにて開催された Red Bull MusicAcademy に招待されて以来、国内外多数のイベントやフェスに出演。Rainbow Disco Clubから始ったSOICHI TERADA × KUNIYUKI × SAUCE81のライブセッションは、ダンスミュージックのパフォーマー同士のセッションの可能性を示しながら、Japan Connection(パリ)、Warehouse Project(マンチェスター)、ADE2018(アムステルダム)といった各国のフロアも湧かせている。DJとのセッションも積極的に行いながら、ceroの楽曲にドラム・プログラミングで参加し、リミックスを提供するなど活動の幅を広げている。マシンを駆使し、歌やシンセのループをリアルタイムで組み上げて行くファンキーでソウルフルなライヴは必見。

With raw beats, warm and ruff synth, rugged instrumentation and soulful vocals, sauce81 bringsdeep funkness into his machine grooves. After releasing singles and remixes on variouslabels, his two 7inch singles “Natural Thing” and “Dance Tonight” on Alexander Nut & Floating Point’s consistently excellent label Eglo Records gained a lot of attention worldwide. He also dropped the album “In The Pocket” under his N’gaho Ta’quia alias, as an homage to his musical roots from the 70’s funk, soul, jazz music and blaxploitation movie soundtracks, with psychedelic synth sounds and soulful vibes driven by dirty fat beats. Took part in Red Bull Music Academy 2008 Barcelona and performed at Sonar Sound Tokyo, Do Over, 5 Years of BoilerRoom, Rainbow Disco Club, Wonderfruit and many other music festivals, events touring worldwide. SOICHI TERADA × KUNIYUKI × SAUCE81 Live Session at Rainbow Disco Club(JP), ADE 2018(NL), Warehouse Project(UK), Japan Connection(FR) has been an epic performance showing new possibilities for electronic/dance-music performers to jam with each other on machines. Also known as 1/2 of 77 Karat Gold: a collaboration project with Grooveman Spot on Jazzy Sport. In 2015 they delivered a package with their diverse styles of electronic funk and groove science in their debut album “WANNAFUNKWITU”. The latest project “S8102” with Shing02 is a sci-fi space trip soundtrack. His funky and soulful machine live set triggering beats, looping synth, bass, keys and singing over the tracks, and mixing the songs like a DJ is a special one to check out.

+ Special Guest!!!

!?!?!?!?!?!?

Yoan Saar (Special DJ Set)

2018年3月にアルバムをリリース、MVは180万再生というイスラエルのエレクトロポップユニットarden City Movementから、Yoav Saarが、特別にDJ Setで出演!

Garden City Movement is an electronic indie pop band based in Tel Aviv, Israel that formed in 2013. The band consists of Roi Avital (Vocals, Keyboards, Guitars), Yoav Saar (Guitars, Sampler, Keyboards) and Johnny Sharoni (Vocals, guitars,Sampler, Percussion).

Maiko Kikuchi (Exhibition)

ニューヨーク州ブルックリン地区在住。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業後、2009年に渡米。Platt Institute (NYC)にてファインアートを学び、MFA(美術学修士)を取得。現実と非現実の境にある白昼夢を様々な表現方法を通して作ることを日々模索しつつ、2013年よりパペット・パフォーマンス、コラージュ、イラストレーション、アニメーションなど幅広いジャンルでアーティスト活動を展開している。
 

Maiko Kikuchi (b.1983, Tokyo, Japan) received her B.A in Theater Arts and Fashion Design from Musashino Art University, Japan in 2008, her M.F.A in Sculpture from Pratt Institute, in 2012. Extensive multi-faceted professional experience in the areas of Illustration,painting,drawing,collages,sculpture,animation and puppetry/performance. Her recent self direction object theatre piece “Daydream Tutorial” has shown at LaMaMa(NY) The Wild Project(NY) and FiveMyles Gallery(NY), ”On The Other Side Of The Fence.” at Dixon Place (NY) as their 2016 artist in residency, “PINK BUNNY” at Japan Society(NY), “Daydream Antology” at Five Myles(NY) as an opening performance in their performance festival “IN FLUX”. As well as self directed theatre pieces, Kikuchi has been working as a puppeteer, object builder and visual designer for other director’s shows such as “Co. Venture” by Brooklyn Touring Outfit at Baryshnikov Art Center(NY), “Six Characters” by Theodora Skipitares at LaMaMa(NY), “ The Chairs” by Theodora Skipitares at Whitney Museum(NY). As Visual artist, she presented her collage animation in “Crown Heights Film Festival”,group exhibition“NO PARKING” at Ca’d’ Oro Gallery(NY), “Unwritten stories” at HERE art center(NY), Jamestown Artcenter(RI). Her drawing/collage works are commissioned to some online art galleries such as Tuuum, Walls Tokyo, also provides collage animation music videos for vary musicians. Kikuchi is currently an artist in residency at HERE Art Center’s HARP program, collaborating with multidisciplinary artist & puppeteer, Spencer Lott.

 

CITAN - Hostel, Cafe, Bar, Dining

CITAN(シタン)は東日本橋に新たにオープンした七階建てのホステルです。一階は町に開いたコーヒー店と、旅行者を迎え見送るレセプション。地下のラウンジは世界の酒、ご飯、音楽、人が集まるバーダイニング。日本橋は古くから五街道の起点として栄え、幾つもの旅がはじまった町。

 ここで始まったストーリーが、町に、人に、繋がってゆく。CITANはそんな場所を目指しています。

 地下には開放感あるバーラウンジが広がります。ラウンジでは、ワインに合う料理をメインに据えながら、幅広いメニューを取り揃えます。訪れるいろいろな人たちが思い思いに食卓を楽しめるよう、お席もカウンター席からテーブル席まで用意しています。

CITAN is our brand new seven stories hostel located in Higashi-nihonbashi. Our first floor includes a cafe welcoming all local and foreign customers. Our basement lounge includes a full bar with beers and cocktails from around the world and a tasty dinner menu.

Nihonbashi was the initial starting point of Gokaido during the Edo era where five major highways connected Edo(current Tokyo) to the rest of Japan in which many journeys began in this town. 

CITAN aims to be the starting point of every journey that connects the city and people in present time.

初来日! GARDEN CITY MOVEMENT JAPAN &TAIWAN TOUR 2019

イスラエルはテルアヴィヴを拠点に活動中のエレクトロ・ポップトリオGarden City Movement(ガーデン・シティ・ムーヴメント)、待望の初来日ツアーが2019年4月に開催!あわせて、台湾での公演も決定!

2017年9月に日本デビュー盤となった「Move On」と、2018 年3月に1st フルアルバム「APOLLONIA」が、それぞれロングセラー中のGarden City Movement

世界中のアートやファッション界からも大注目の新進気鋭のアーティストMayan Toledanoによって、夢のような情景のガールズ・ラブが描かれた「Move On」のMVは、YouTubeで250 万再生を突破し、MTV イスラエルのアワードでは「ベスト・ミュージック・ビデオ」に選出。エモーショナルなダンス・チューン「She’s So Untouchable」のMV も、160万再生超えと、話題を集め続けている。

James Blake以降を思わせるネオ・ソウル的感覚と、FKJ のようなスタイリッシュさ。ドリーミィなアトモスフィアを纏いながら、ジャンルに縛られることのなく進化し続ける多彩なサウンドは、心地よい音を求めるリスナーたちの心をとらえて離さない。ライヴにも定評があり、これまでBonobo、Caribou、Alt-J、Disclosure、Bondax、Blonde Redhead、Apparat等と共演を果たしている。

このイベントを彩るサポートアクトは、小林うてな、Juria Shortreed、ermhoiによる幻想的な気鋭のユニットBlack Boboi(4/8 渋谷WWW)そして、大阪FLAKE RECORDSの激推しのバンド、WOMAN(4/9 大阪CONPASS)! さらに台湾公演、4月11日(木)台北THE WALLにおけるサポートアクトは、まさかの日本からMaika Loubté、そして林以樂(TW)に決定!

世界中で精力的にライブを行い続けている彼らによる、待望の来日&台湾公演! チケットはお早めに!

What’s going on within the music scene in Tel Aviv? It feels like we’re discovering an incredible new Israeli artist every damn week. This time around, we’ve stumbled across Garden City Movement, a sublimely talented trio with a penchant for dreamy electronic pop that strikes just the right balance between nostalgic energy and contemporary charm.

This is the first Japan tour of Garden City Movement!!!

 

GARDEN CITY MOVEMENT JAPAN TOUR 2019 TOKYO

2019/4/8(MON)
渋谷 WWW
open 18:30 / start 19:30
adv. ¥4,800 / door ¥5,300   *+1drink

出演:
Garden City Movement
Black Boboi

展示:Maiko Kikuchi ( from NYC)

GARDEN CITY MOVEMENT JAPAN TOUR 2019 OSAKA

2019/4/9(TUE)
大阪CONPASS(心斎橋)
open 19:30 / start 20:00
adv. ¥4,800 / door ¥5,300   *+1drink

出演:
Garden City Movement
WOMAN

 

GARDEN CITY MOVEMENT in TAIWAN 2019

2019/4/11(Thu)
台北 THE WALL
open 19:30 / start 20:00
adv. $1000TWD / door $1200TWD

出演:
Garden City Movement
Maika Loubté(JP)
林以樂(TW)[skipskipbenben]

主催:大浪漫娛樂集團 / 浪漫的工作室

後援 : イスラエル大使館

協力 : BEATINK / PLANCHA /月見ル君思フ

 主催・企画制作 : chamber

“by chamber 02”

2019/4/7 (SUN) 東京・東日本橋 CITAN open 18:00 / start 19:00 adv. ¥2,800 / door ¥3,300  *+1drink

[ACT] Sauce81 (LIVE) Yoav Saar (DJ) [Garden City Movement] + Special Guest !!!!!

[Exhibition] Maiko Kikuchi (from NYC) 

[FOOD]

イスラエルのWINE & FOOD 

▶︎▶︎▶︎ EVENT MORE INFO

GARDEN CITY MOVEMENT 初来日記念サイン会

“by chamber 02”

2019/4/6(SAT) 17:00 start
タワーレコード 渋谷店 6F洋楽フロア

タワーレコード渋谷店にて3月8日(金)より、ガーデン・シティ・ムーヴメント関連対象作品および東京公演前売りチケットをご購入いただいたお客様に、先着でイベント参加券を配布します。

■対象店舗:渋谷店

■対象商品:
Garden City Movement 4/8(MON) 東京公演@渋谷WWW 前売チケット (Pコード:137-546)
Garden City Movement 『Apollonia』 (国内仕様盤CD:BRALN48 / 輸入限定盤LP:ALNLP48W)
Garden City Movement 『Move On』 (国内盤CD:ARTPL-092)

・特典引換券の配布は定員に達し次第終了致します。終了後に、ご予約/ご購入いただいてもイベント券はつきませんので、ご注意ください。
・イベントにお越しいただく際はお渡ししたサイン会参加券を忘れずにお持ちください。
・サイン対象物は参加券1枚につき1点のみとさせて頂きます。当日は忘れずにお持ちください。
・写真撮影・録画・録音行為は禁止とさせて頂きます。
・サイン会参加券はいかなる場合も再発行はいたしません。
・手荷物や貴重品はお客様ご自身で管理してください。ベビーカー・キャリーケースなどの大きいお荷物もお預かりいたしかねます。
・諸事情により、内容等の変更・イベント中止となる場合がございますので予めご了承ください。

お問い合わせ タワーレコード渋谷店 03-3496-3661

[ Special New Release!!! ]

日本にはプライベートで何度も訪れており、過去には「Ueno Park」(1st アルバム「Apollonia」収録)といった曲を発表するほど、とにかく日本が大好きという彼ら。
待望の初来日公演に先駆け、なんと東京・下北沢をフィーチャーした極上のポップナンバー「Miss You (Under Shimokita Sky)」が本日公開された。ドリーミィなヴォーカルと電子音の融合が心地よすぎるダンス・チューン! アートワークには日本のCDの帯をモチーフとしたデザインが施されるなど、日本への愛が存分に詰まっている。

 

Artist : Garden City Movement
Title : MISS YOU (UNDER SHIMOKITA SKY)

Label: Late Night Tales

Format: Digital
Release Date: 2019.03.22

Garden City Movement

イスラエルはテルアヴィヴにてRoy Avital (Vocals, Keyboards, Guitars)、Yoav Saar (Guitars, Sampler, Keyboards)、Johnny Sharoni (Vocals, guitars,Sampler, Percussion)の3人により2013年に結成。同年10月にファースト・シングル「Casa Mila」(当初はBLDG5のコンピ『Ground Floor』に収録)を発表し、後にEP『Entertainment』をリリース。11月にはPitchforkを通じて彼らの代表曲となるセカンド・シングル「Move On」のリリースが発表される。「Move On」は翌年3月にMVが公開。音楽レーベルMe and Youの共同創始者で、アートやファッション界からも注目を集めている、新進気鋭のアーティストMayan Toledanoが手がけた映像は瞬く間に話題となり、MTVイスラエルのアワードでは「ベスト・ミュージック・ビデオ」に選出さ、現在までに250万回以上の再生数を記録している。6月にはセカンドEP『Bengali Cinema』をリリースし、シングル・リリースされたタイトル・トラック「Bengali Cinema」も注目を集め、7月にはBoiler Roomに初登場を果たす。9月には「Terracotta」がNinja Tuneのコンピ『Ninja Jamm – EP Bundle 5』にフィーチャーされるなど、順調な活動を果たしていく。
2015年にはロンドンのレーベルThe Vinyl FactoryとBLDG5の共同リリースによるニューEP『Modern West』を、2016年にはシングル「She’s So Untouchable」をリリース(その後2017年にリミックスや別テイクを加えてEPリリースされた)。「She’s So Untouchable」のMVは再びMayan Toledanoが手がけ、こちらも現在までに160万回以上の再生を記録している。

2017年にはこれまでリリースしたEP作の楽曲にシングル「She’s So Untouchable」及び、フィジカル未収録の楽曲などをボーナスとして加え、アーティスト本人監修の元、日本独自のアルバム仕様に仕上げた日本独自アルバム『Move On』を発表し、日本でも注目を集める。
そして2018年にKhruangbin等を排したロンドンのレーベル、Late Night Talesと契約を果たし、2018年に、EP作で培って来たスキルを集約し、さらに飛躍させた現時点での集大成ともいえるファースト・フル・アルバム『Apollonia』を発表(日本流通盤はBeat Recordsからリリース)。さらなる評価を獲得する。

ライヴにも定評があり、これまでBonobo、Caribou、Alt-J、Disclosure、Bondax、Blonde Redhead、Apparat等と共演を果たしている。
なお、現在はサポート・メンバーを加えた4人編成で活動している。

Artist : Garden City Movement
Title : Move On
Labe l:  PLANCHA

※解説・歌詞・対訳付き
※日本独自企画アルバム
※ボーナス・トラック4曲収録

Format: CD / Digital
Release Date: 2017.09.15

Release info : PLANCHA

Artis t: Garden City Movement
Title : Apollonia

Labe l: Late Night Tales / BEAT RECORDS

Format: CD 国内仕様盤 / Digital
Release Date: 2018.03.16

Release info : BEATINK

Black Boboi

We are Black Boboi.

Artist : Black Boboi
Title : Agate

Label: BINDIVIDUAL

Format : CD(限定500枚)/ Digital
Release Date : 2019.01.10

WOMAN

2017年より始動。音楽表現においてジャンル、ジェンダーに捉われない洗練された感性をモットーに邁進する5人組バンド。2017年に自主制作盤を2枚リリース。2017年5月には3度目のライブにしてVJを迎えた初のワンマンライブをソールドアウトで成功させる。その他にTelefon Tel Aviv、Yumi Zouma、幾何学模様、VARのジャパンツアーにサポートアクトとして出演。

In 2017, WOMAN were formed as a five-piece band in Osaka, Japan, under the motto: “create the music with artistic sensitivity which is not be bound by any genres nor genders.” They self-released 2EPs, “NUDE” and “SICK” in 2017. On May, the band’s 1st one-man show with VJ as their third live performance was sold out immediately. Though early in their career, they have supported the international artists’ Japan tour like Telephone Tel Aviv, Yumi Zouma, Kikagakumoyou, and VAR.

Artist : WOMAN
Title : beautiful

Label: FLAKE SOUNDS

Format: CD / Digital
Release Date: 2018.06.27

Release info : FLAKE RECORDS

“by chamber” 寺田創一Hybrid Set / んoon

PHOTO REPORT

「ライブを、もっとゆるっと、居心地のいいところで楽しみたい!


そんな思いを抱いて活動を開始したchamber によるイベント
” by chamber “ が、東日本橋CITAN で初開催!

記念すべき第1回の出演者は、世界的にも再評価が止まらない、手弾きGAMEBOYサウンドを交えた、ちょっと特別な編成の” 寺田創一Hybrid Set”

toe の最新作“ レイテストナンバー” のゲストボーカルとして参加したニュースも冷めやらず。ギターレスでハープがいてソウルフルと、何かと型破りなバンド、” んoon”(ふーん)。

この2組が、音のよさと居心地が抜群な、CITANのラウンジで共演!

さらにDJとして、昨年スタートしたYoutubeのmix動画がたちまち余裕の10万再生超え!レゲエの街で育ったハウスDJ Moosehead(Kix Sound System)“が新たに参加! 

この日だけの最高にintimateな一夜、美味しいお酒、そして心地よい空間を。

ちなみに「土曜日だし、電車を気にせず遅くまで飲みたいな……」という人は、CITAN の上のフロアにあるホステルに泊まることも可能。ホステル宿泊の場合、こちらのイベントはENTRANCE FREE ! 宿泊予約はお早めに。

 

Do you want to listen to the good music in chilly and comfortably venue?

This event is the BEST venue and musicians for your wish!


𝗦𝗼𝗶𝗰𝗵𝗶 𝗧𝗲𝗿𝗮𝗱𝗮 𝗛𝘆𝗯𝗿𝗶𝗱 𝘀𝗲𝘁 is happy happy personThis show is something special!!
𝗛𝘆𝗯𝗿𝗶𝗱 𝘀𝗲𝘁 is a preference when adding the sound of a hand-played GAMEBOY

𝗵𝗼𝗼𝗻 is the up and coming band to watch.

They have harp instead of guitar!
It’s so mellow and emotional in style.

We highly recommend them!!

We hope you’ll enjoy the night in intimate space.

“by chamber 01” 寺田創一Hybrid Set / んoon

*number of visitors 92. thank y’all coming!

日程:2019/2/2(SAT)
会場:東日本橋CITAN
時間:OPEN 18:00 / START 19:00
料金:ADV ¥2,800 / DOOR ¥3,300

出演:
寺田創一 Hybrid Set
んoon

DJ:
Moosehead(Kix Sound System)

音響:
君島 結(ツバメスタジオ

寺田創一Hybrid Set

寺田創一は90 年代から日本発のハウスミュー ジックを制作。 2015 年に Rush Hour から再発コ ンピ「Sounds From The Far East」がリリースされ、 それをきっかけにライブセットを開始。今回は このライブセットに手弾きGAMEBOY のサウンド を加えるという趣向。

Terada Shoichi has been producing house music from Japan since the 1990s. The recurrent completion “Sounds From The Far East” was released from rush hour in 2015. So he starts with a live set. “Terada Soichi Hybrid Set” is a preference when adding the sound of a hand-played GAMEBOY to an ordinary live set.

んoon

んoon(ふーん) 2014年結成、ハープ、ベース、キーボードのインスト編成でスタート。2016年よりボーカル、パーカッションが加入して現体制になる。バンド名の由来は、感嘆(あるいは無関心)を表す日本語の擬態語「ふーん」から。(ただし発音アクセントは「不運」と同じ。)表記は”hoon”の頭文字をひらがなの「ん」にしている。ジャンルを無駄にクロスオーバーさせることより、その境界面に揺蕩うことを重視する。
2018年6月に1st EP”Freeway”をFLAKE SOUNDSよりリリース。同年8月、ボーカルのJCが、toeのアルバム”The Latest Number”に参加。

In 2014, んoon started with the instrumentation of harp, bass, and keyboard. The vocalist and the percussionist joined in 2016 and became the current form. The origin of the band name comes from the Japanese mimetic word “hoon” expressing admiration or indifference.(However,the pronunciation accent is the same as “bad luck” in Japanese.) It adopts the notation in which the first letter of the band name is fitted with a hiragana “ん” similar to a cursive alphabet of “h.” んoon sway over interfaces of different genres rather than cross-mix them.

In June 2018, んoon released their first EP ”Freeway” on FLAKE SOUNDS. In August in that year, JC has joined toe’s album ”The Latest Number.”

CITAN - Hostel, Cafe, Bar, Dining

CITAN(シタン)は東日本橋に新たにオープンした七階建てのホステルです。一階は町に開いたコーヒー店と、旅行者を迎え見送るレセプション。地下のラウンジは世界の酒、ご飯、音楽、人が集まるバーダイニング。日本橋は古くから五街道の起点として栄え、幾つもの旅がはじまった町。

 ここで始まったストーリーが、町に、人に、繋がってゆく。CITANはそんな場所を目指しています。

 地下には開放感あるバーラウンジが広がります。ラウンジでは、ワインに合う料理をメインに据えながら、幅広いメニューを取り揃えます。訪れるいろいろな人たちが思い思いに食卓を楽しめるよう、お席もカウンター席からテーブル席まで用意しています。

CITAN is our brand new seven stories hostel located in Higashi-nihonbashi. Our first floor includes a cafe welcoming all local and foreign customers. Our basement lounge includes a full bar with beers and cocktails from around the world and a tasty dinner menu.

Nihonbashi was the initial starting point of Gokaido during the Edo era where five major highways connected Edo(current Tokyo) to the rest of Japan in which many journeys began in this town. 

CITAN aims to be the starting point of every journey that connects the city and people in present time.